好転反応2

31b590edbe267e9e5fa1f929e81c0c1c_s.jpg



整体を受けられると、好転反応というものが出ると

整体を受けられた経験のある人はご存知の場合が多いと思います。

好転反応というのは、基本的に必要があれば出ます。

逆にあまり必要が無ければ好転反応は出ません。

でも、好転反応の出ない人は少ないです。

症状が慢性化して20年も30年も調子が悪い人は

どうしても好転反応が出る回数は多くなります。

でも、そういう人は好転反応が出るにしたがって

だんだん調子の悪い所が良くなっていきます。

一気に良くなっていけばいいのですが、そういうわけにはいきません。

調子の悪くなるのは、腰痛でも肩こりでも足の痛みでも

体の中に不要なものがたまって起きるわけです。

一気に体の中の不要なものが出ていけばよいのですが

なかなか出ていってくれません。

少しづつ少しづつ出ていきます。

少しづつでも不要なものが出ていけば体が軽くなって、症状も軽くなっていきます。

そこまで症状が慢性化してない人は、体の中の不要なものも

そんなに溜まっていないわけですから、不要なものが出ていくのに

そんなに時間がかかることはないと思います。

ですから、好転反応の回数も少ないわけです。

それはともかく、調子の悪い所が良くなるためには

好転反応という現象は体にとって必要なことです。

【好転反応の最新記事】
posted by バランス屋 at 15:47 | Comment(0) | 好転反応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。