腰部脊柱管狭窄症

youtu.jpg


腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)とは、脊髄神経の通り道が、椎骨・椎間板の変性により径が狭くなり神経が圧迫され、腰痛、足の痛み、しびれ、間歇跛行(かんけつはこう)などの症状が起きることを指します。

脊柱管狭窄症になっていても症状とは関係ありません


しかし、神経が圧迫されていたとしても、症状とはなんの関連性もありません。

MRI画像を見ると狭窄症になっていて、神経が圧迫されていてもなんの症状もない人がいます。

逆にMRI画像ではなんの異常がない人でも、腰痛、足の痛み、しびれなどがひどい人がいます。

MRI画像などの目に見える異常だけで症状の原因を特定するのは難しいのです。

腰痛、足の痛み、しびれは筋肉などの問題です


では何が原因で症状が出ているのでしょうか?

それは、筋肉、筋膜などの軟部組織です。

軟部組織の緊張が強くなることによって症状が出ているのです。

現に、症状のある部分をマッサージ、鍼でほぐしたり温めたりすると症状が軽くなることがありますから。

ただし、軟部組織の緊張が強くなることは2次的原因ですから、一次的原因に対処しないと症状は改善しにくいのです。

一次的原因は、内臓からの影響です。

内臓からの影響で筋肉などの軟部組織の緊張が強くなって、腰痛、足の痛み、しびれなどの症状が起きているわけです。

これは、内臓筋肉反射と言います。

一般的には筋肉、筋膜などの軟部組織の緊張を和らげるために、マッサージ、鍼などで施術します。

しかし、上記したように一次的原因は、内臓からの影響ですので、症状が出ている部分を施術しても、それは対症療法ですので症状が改善されることは難しいです。

当院では、東洋医学で言われる“気”の流れの滞りを整える施術を行うことによって内臓にアプローチし、腰痛、足の痛み、しびれなどを調整しています。



posted by バランス屋 at 18:04 | Comment(0) | 腰痛・坐骨神経痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。