尾骨の痛みでお悩みの方へ

m016-006.jpg

過去にぎっくり腰などで腰を痛めたなどのきっかけで、尾骨(尾てい骨)の部分が痛い、だるい、重いなどの症状のある方が時々来られます。

原因
腰を痛めるということがきっかけになることが多いようですが、
原因としては
・骨折によるもの
・尾骨の打撲によるもの
・筋肉の異常によるもの
などが考えられます。

骨折によるもの
骨折による尾骨の痛みは、整体の適用外で病院で処置します。

尾骨の打撲によるもの
転んで、尻もちをついて尾骨を打撲してから痛くなることも多いでしょう。
尻もちをついた時に尾骨を骨折することもあるかもしれませんが、打撲だけで済むことのほうが多いと思います。

過去に、尾骨を骨折したことのある人は、ぎっくり腰など腰を痛めることがきっかけで再び痛みが出ることもあります。

私も何年か前に自宅の階段ですべって、おもいっきり尾骨をぶつけたことがあります。
3〜4日痛みがありましたが、それからはまったく痛むことはありません。

筋肉の異常によるもの
なにも思い当たることがないのに尾骨に痛みが出るのは、筋肉の異常によるものが考えられます。

尾骨に関係する筋肉
・尾骨筋(坐骨−尾骨筋)
・肛門挙筋(腸骨尾骨筋、恥骨尾骨筋、恥骨直腸筋)
上記の筋肉が内臓(気管支)からの影響(内臓筋肉反射)で痛みを出します。

内臓と筋肉の関係
尾骨筋、腸骨尾骨筋、恥骨尾骨筋−気管支
※尚、恥骨直腸筋は、尾骨の痛みとは関連性はありません。

症状
お尻が痛くて座っていられない、仰向けに寝るだけでも痛い、ずっと違和感があるなどの症状を訴えられること多いです。
 
対処法
尾骨の痛みで病院で診察を受けた場合、MRI、レントゲンで検査して明らかに骨折だと分かり、骨折の状態が手術適用(完全に骨と骨が離れて折れている)であれば、適切な処置が出来るようです。

しかし、そうでない場合(不完全骨折)は、骨がくっつくのを待つしかないようです。つまり、自然治癒です。もちろん、器具、装具による固定をするでしょうが。

打撲による尾骨の痛みは、筋肉の損傷ですから、自然治癒にまかせるしかありません。しかし、整体施術をすることによって、回復は早まります。

筋肉の異常による尾骨の痛みは、一般的にはマッサージ、骨盤の調整、ストレッチで施術するようです。

当院では、原因のところで書いたように内臓(気管支)からの影響(内臓筋肉反射)と考えていますので、それに対する調整を行います。

具体的には、腕と脚を主に調整します。腕と脚を調整することによって、体の中を流れるエネルギー(気の流れ)を整えます。その結果、筋肉の異常が調整され尾骨の痛みも改善されます。

posted by バランス屋 at 23:57 | Comment(0) | 尾骨の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。