仙腸関節障害(仙腸関節痛)

kotuban.png

仙腸関節障害(せんちょうかせつしょうがい)と言っても一般的にはなじみのない言葉です。

図を見ていただければ分かるように、仙腸関節は、腸骨と仙骨を結ぶ関節です。

関節と言っても、肩関節、股関節などの動きの大きな関節と違って、ほとんど動きのない関節です(わずか2〜5mm動く程度です)。

症状


ほとんど動きのない関節ですが、仙腸関節障害(関節のズレ)が起こると体の各部に影響を与えて、様々な症状につながります。

・腰痛

・足の痛み・しびれ

・腕、手首、指の痛み・しびれ

・顔の歪み

・アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状

・O脚

・内蔵機能の低下など

仙腸関節障害は、上記したような症状に関係があるわけですが、問題はなぜそのような症状が起きるかです。

一般的には、構造的な問題で症状が出るとされています。

建物のように土台(骨盤)が傾くと、その上にある構造物(背骨)に歪みが起きて、神経伝達に影響があるために症状が出ると考えている施術者が多いです。

私はそういった原因で症状が出るわけではないと考えます。

仙腸関節障害によって、体の中を流れる“気”の流れが影響を受け滞りが起きるため、いろいろな症状につながると思います。

施術


仙腸関節障害に対する施術は様々なやり方で行われています。

・くさび状のブロックを使った方法

・骨盤に直接手をあてて物理的な力で矯正する方法

・骨盤周りの筋肉、筋膜をストレッチなどで調整する方法

などいろいろな方法があります。

当院の施術のやり方は、上記したような方法ではなく、“気”の流れの滞りを整える目的で行いますので、必ずしも骨盤に直接アプローチするようなことはしません。


posted by バランス屋 at 15:33 | Comment(0) | 骨盤矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

骨盤矯正と恥骨痛(ちこつつう)

b8a1929e0e2aefd63fa0e2e7f66e6877_s.jpg

恥骨の痛みは、妊娠中、産後によく起こりますが、スポーツ(サッカー、陸上など)をしている人にも起こります。

原因


骨盤の歪みがあると、腰痛、恥骨の痛みなどの症状が出ると言われています。

ですが、骨盤が歪んでいるだけでは、症状は出ません。

妊娠、スポーツなどで、恥骨の周りの組織(筋肉、靭帯など)に負担がかかるようなことがあると、痛みが出ます。


スポーツでも、サッカー、空手、クラッシックバレエなど脚を大きく上げる種目は、恥骨の痛みが起きやすいです。

脚を大きく上げると、恥骨に付着している内転筋(長内転筋・短内転筋・小内転筋・薄 筋・恥骨筋など)が引っぱられて痛みが出るわけです。

妊婦さんの場合は、お腹が大きくなるにつれて、痛くなることが多いのですが、お腹が大きくなっていなくても、痛くなることもあります。

また、一人目の出産では腰痛も恥骨痛もなくて、二人目の出産では腰痛、恥骨痛がひどいということもあります。

その逆の場合もあります。

この違いはなんなのでしょうか?

この違いが出るのは、内臓からの影響だと思います。

全身の筋肉は、内臓と関連があり、内臓の働きによって筋肉に影響が出て、痛みにつながっていると思います。

ですから、腰痛、恥骨痛の症状が出る時は、内臓の働きが落ちていると考えるとつじつまが合うと思います。

施術


単に物理的に骨盤を矯正するだけでは、恥骨痛は改善しません。

上記したように、全身の筋肉は内臓の影響を受けて、痛みにつながっています。

ですから、内臓の働きが向上するような骨盤の矯正をする必要があります。

当院では、主に腕と脚を調整し、内臓の働きが高まるような施術をして、恥骨の痛みに対応しています。

posted by バランス屋 at 20:47 | Comment(0) | 骨盤矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

骨盤矯正

骨盤矯正

骨盤矯正は簡単ではない


骨盤の歪みは、ぽっこりお腹、O脚、XO脚、肥満、肩こり、腰痛、生理不順、便秘、不眠、肌荒れなどの原因ですと、あるサイトにありました。

本当なんでしょうか。

原因と結果が逆だと思います。

ぽっこりお腹、O脚、XO脚、肥満、肩こり、腰痛、生理不順、便秘、不眠、肌荒れ

などの原因によって骨盤が歪みます。

それは、いいとしても道具を使った方法、骨盤体操などいろいろなエクササイズの方法がありますが、はたしてそれで満足に骨盤の歪みが良くなっているのでしょうか?

自分でやる骨盤の矯正は難しいです。

カイロプラクティック、整体などの専門家がやっても難しいです。

専門家がやってもほとんど骨盤の矯正は出来ていません。

それくらい体の調整は難しいのです。

整体で調整をやってもらっても、自分でエクササイズをやってもほとんど骨盤の周りの筋肉が一時的にほぐれるだけで、時間が経てば、ほとんど元の状態に戻ってしまっています。

そのことは、実際に整体に通われた人はご存知だと思います。

私の所にも他の整体に行った人が来られますが、お話を聞いてみると、やはり骨盤の矯正をやってもらってもすぐに戻ってしまうといっていました。

ブログを見られて私の所に半信半疑で来られます。

しかし、私が体の調整をやった後、戻りが少ないのに驚かれます。

どうしてですかって。

それには秘密があります。

それは、どこの整体院にもない調整方法で体を調整するからです。

骨盤(仙腸関節)は動かない?


西洋医学では、いまだに骨盤は動かないと言っています。

しかし、出産の時に実際骨盤は開きます。

でも、西洋医学ではかたくなに仙腸関節は動かないといっているわけです。

出産の時に骨盤は開いているわけですから、骨盤は動きがあるわけです。

ですから、西洋医学で言っていることは矛盾しています。

骨盤の動きを知るには、上後腸骨棘という骨盤の後ろにある出っ張っている部分に指を当ててその場で足踏みをするとわずかに動くのが分かります。

しっかり骨盤に動きがあれば、骨盤の動きは正常です。

ところが、上後腸骨棘に指を当てて動きが感じにくい場合があります。

骨盤の歪みと言われますが、誰でも多かれ少なかれ歪んでいます。

でも、大きく歪んでいる場合は、今説明したように仙腸関節の動きが悪くなっています。

仙腸関節の動きが悪いと、体の機能に影響を与えます。

女性の場合ですと、生理痛、生理不順、手足の冷えなどがあるような時は仙腸関節の

動きが悪くなっている可能性がありますので注意が必要です。

骨盤矯正は手段


骨盤矯正とか骨盤矯正ダイエットと銘うって施術をしている整体院が多いです。

そういうところでは、骨盤ブロックという特殊な器具を使ったり落下するテーブルを使ったりといろいろな方法で施術が行われています。

私の所では、特別に骨盤矯正を謳って施術することはありません。

必要がある時には骨盤の部分を施術しますが、必要がなければ、骨盤の部分を施術することはありません。

骨盤矯正と他の人は言っていますが、本当に骨盤を矯正するわけではありません。

骨盤の部分を調整することによって、体全体のバランスを整えているだけなのです。

整体は体を整えると書きますが、腰痛や肩こりなどの症状を直接施術するわけではないのです。

あくまでも、整体は体のバランスを整えるだけです。

体のバランスを整えた結果、腰痛や肩こりなどの症状が改善されるということです。

ですから、骨盤の調整はあくまでも体のバランスを整える手段にしかすぎないのです。

体のバランスを整える手段ですから、首を調整しても足を調整しても腕を調整してもいいわけです。

そんなことを言うと、骨盤矯正を希望している人は不安になりますが、首、足、腕を調整しても、ちゃんと骨盤の部分は調整されます。

骨盤矯正は椅子、マシン、下着などの器具で出来る?


骨盤矯正が流行っているせいなのか知りませんが骨盤矯正ができると言う謳い文句でいろんな器具などが売られています。

器具と言ってもいろいろあります。

骨盤矯正の出来る椅子、マシン、下着などです。

これらのものを使えば、骨盤が矯正できると言うことなのですね。

椅子、マシン、下着などの説明を見ると、マッサージ効果とかストレッチ効果としか謳っていません。

マッサージ効果? ストレッチ効果?

マッサージ効果とかストレッチ効果とかってなんのことでしょうか?

マッサージ効果とかストレッチ効果とかって、なんか曖昧な表現ですね。

今は、骨盤矯正というキーワードがブームになっていますから、ただブームに乗っかってそういった物を販売しているとしか思えません。

口コミを見ると、案の定あまり効果があるということは書かれていませんね。

効果があったという口コミは、おそらく業者の人の自作自演でしょう。

そもそも、人の体はそれぞれ歪み方が違っています。

いろいろな器具で、その歪み方に対応することは不可能です。

ですから、骨盤の歪みを調整するには、人の手による調整でないと出来ません。

posted by バランス屋 at 22:57 | Comment(0) | 骨盤矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする