冷え性(冷え症)は内臓と関係が深い

gf01a201501220800.jpg

特に女性の方は冷え性(冷え症)の人が多いですね。

統計によると女性の7割近い人は冷えがつらいと感じているそうです。

女性に冷え性の人が多い理由についていろいろ言われています。

体の冷えと内臓の調子はリンクする


私は、女性に冷えが多い理由は内臓の働きが悪いことが原因ではないかと考えています。

体はどこか調子の悪い所があると、その調子の悪い部分に血液が集中します。

例えば、足首を捻挫すると重症の場合足首がパンパンに腫れます。

これは、捻挫した足首の所を修復しようとして、血液やリンパ液が集まってくるからだと考えています。

血液やリンパ液が集まってきた結果パンパンに腫れあがり熱を持ちます。

でもこの現象は、体の正常な反応なわけです。

足首がパンパンに腫れ上がって熱を持ちますから、痛くてつらいです。

でも、体の修復作用ですから修復されるまで待つしかありません。

それと同じように、内臓の働きが落ちると内臓に血液などが集中します。

そうすると、手足や皮膚の表面などにはあまり血液が行きませんので、冷えを感じます。

でも、内臓を修復しようとして内臓に血液が集まるのはしかたありません。

内臓の調子が悪くなると命に関わることもあるわけですから。

ですから、そうならないように日頃から体調管理をして内蔵の調子が落ちないようにすることが大事です。

内臓の調子が良くなれば、手足にも血液が十分いきますので冷えを感じることも少なくなるでしょう。

冷え性の症例


50代女性
結婚当時から、肩こり、頭、首、腰、背中、股関節の痛み、冷え性、便秘があり、体の調子が悪いのが続いていた。

特に体の冷えがひどく、冷房が苦手で冷たい風が体に当たると、寒いというよりも痛みを感じていました。

今までにいろいろな治療を試したそうです。マッサージは、毎週のように通い2〜3日は調子が良いのですがまたもとの状態に戻ってしまったそうです。

症状が慢性化しているため、週に一回来られ日数はかかりましたが全体的に改善しました。 冷えも良くなり冷房の効いた部屋にいても平気になったそうです。

30代男性
毎年冬になると、手足の冷えに悩まされ、仕事に支障が出るということで来院されました。

施術をする前に、両方の手に触れてみると氷のように冷たくなっていました。

施術後は、手に触れてみると冷たさはまだ若干あるようですが、かなり改善しました。

そのことをご本人に聞いてみると、手の冷たさが良くなったようです。ただ、足の冷えは変化がありませんでした。

2回目は20日後に来られました。

20日間の様子をお聞きすると、一回目の施術後の夜に足がポカポカと暖かくなったそうです。 もちろん手の冷えた状態も、改善した状態が続いたそうです。

そして、もう1つ体の変化がありました。
それは、慢性的に軟便の状態が続いていたのが、だいぶん改善したようです。そしてその状態も維持しているとのことでした。

この方の手足の冷えは、消化器系の臓器の働きが悪くなっていたために、起きたのではないかと推測されます。

整体施術によって、消化器系の臓器の働きが悪いのが良くなってきたため、手足に十分血液が回るようになり、その結果手足の冷たい感じが改善されてきたのでしょう。

とは言っても、その改善具合はまだ完全とは言えませんので、2回目の来院となりました。

posted by バランス屋 at 00:44 | Comment(0) | 冷え性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする