腰部脊柱管狭窄症

youtu.jpg


腰部脊柱管狭窄症とは、脊髄神経の通り道が、椎骨・椎間板の変性により径が狭くなり神経が圧迫され、腰痛、足の痛み、しびれ、間歇跛行(かんけつはこう)などの症状が起きることを指します。

脊柱管狭窄症になっていても症状とは関係ありません


しかし、神経が圧迫されていたとしても、症状とはなんの関連性もありません。

MRI画像を見ると狭窄症になっていて、神経が圧迫されていてもなんの症状もない人がいます。

逆にMRI画像ではなんの異常がない人でも、腰痛、足の痛み、しびれなどがひどい人がいます。

MRI画像などの目に見える異常だけで症状の原因を特定するのは難しいのです。

腰痛、足の痛み、しびれは筋肉などの問題です


では何が原因で症状が出ているのでしょうか?

それは、筋肉、筋膜などの軟部組織です。

軟部組織の緊張が強くなることによって症状が出ているのです。

現に、症状のある部分をマッサージ、鍼でほぐしたり温めたりすると症状が軽くなることがありますから。

ただし、軟部組織の緊張が強くなることは2次的原因ですから、一次的原因に対処しないと症状は改善しにくいのです。

一次的原因は、内臓からの影響です。

内臓からの影響で筋肉などの軟部組織の緊張が強くなって、腰痛、足の痛み、しびれなどの症状が起きているわけです。

これは、内臓筋肉反射と言います。

一般的には筋肉、筋膜などの軟部組織の緊張を和らげるために、マッサージ、鍼などで施術します。

しかし、上記したように一次的原因は、内臓からの影響ですので、症状が出ている部分を施術しても、それは対症療法ですので症状が改善されることは難しいです。

当院では、東洋医学で言われる“気”の流れの滞りを整える施術を行うことによって内臓にアプローチし、腰痛、足の痛み、しびれなどを調整しています。



posted by バランス屋 at 18:04 | Comment(0) | 腰痛・坐骨神経痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛・坐骨神経痛を整体で改善させたい方へ

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_06_HIR85_shitakaramitamidori-thumb-1000xauto-16313.jpg

腰が痛い、重い、だるい、坐骨神経痛(お尻、太もも、ふくらはぎ、足首などが痛い、しびれる)といった症状がある時に、整体、マッサージを受ける人が多いですが、だいたい症状のある、腰周りの筋肉を揉みほぐしたり、骨盤、腰椎(腰骨)を矯正する施術をすることが普通になっています。

もちろん、そのようなやり方で施術しても腰、お尻、脚の症状は楽になります。

でも、そのような施術のやり方では、持続性に欠けることが多く、2〜3日で戻ってしまうことも少なくありません。

そのように持続性に欠けるのは、症状のある腰、お尻、脚の部分には、原因がないことが少なくないからです。

腰痛の症状はほとんどの場合は、消化器系、泌尿器系、婦人科系などの内臓の影響を受けて起きてているのです。

ですから、症状の戻りを少なくするには、内臓の調子が活性化するような施術をする必要があるのです。

当院での施術は、主に腕と脚にたいして調整をします。

腕と脚にたいして施術を行うと、経絡の流れが調整されます。

内臓は、経絡と関連がありますので、経絡の流れが良くなると内臓の働きも活性化され、その結果腰、お尻、脚のいろいろな症状が改善されるのです。
posted by バランス屋 at 19:05 | Comment(0) | 腰痛・坐骨神経痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰椎分離・すべり症

youtu.jpg


腰椎分離症とは、腰椎の椎弓という部分が骨折して、離れてしまっている状態をさします。

そして、腰椎すべり症は、椎弓が分離している部分が、前方にすべります。

ただ、椎弓が分離していなくても、すべり症になる場合もあります。

その場合は、変性すべり症と呼ばれています。

分離症・すべり症が起きやすいのは、下部腰椎(腰椎4番5番)です。

下部腰椎に分離・すべり症が起きやすいのは、体の構造上負担が掛かりやすいためだとされています。

腰椎分離・すべり症があっても症状が出るとは限らない


骨が骨折していたり、変位(すべる)していたりすると、腰痛・足の痛み、しびれなどの症状が出るのではないかと考えるのが普通です。

しかし、分離症・すべり症でも症状がない人はいくらでもいます。

MRIの画像で分離症・すべり症がみとめられ脊髄神経を圧迫していたとしても腰痛、足の痛み、しびれなどの症状とは関係がないのです。

では、腰痛・足の痛み、しびれなどの症状は何が原因しているのでしょうか?

それは、内臓からの影響です。

腰や足の筋肉が内臓からの影響で緊張が強くなり、症状が出ているのです。

それは、内臓筋肉反射といいます。

腰椎分離・すべり症の施術


一般的には、マッサージ、ストレッチなどの方法で、症状のある筋肉をほぐすような施術をしている施術所が多いです。

そのような施術は、対症療法といいます。

しかし、症状のある筋肉の部分には原因がありませんので、対症療法では問題の解決にはなりません。

上記したように内臓からの影響で症状が出ているわけですから、内臓に対してアプローチして施術をしたほうが、腰痛・足の痛み、しびれなどの症状の改善につながりやすいです。
posted by バランス屋 at 22:34 | Comment(0) | 腰痛・坐骨神経痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする