腰痛・坐骨神経痛でお困りの方へ

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_06_HIR85_shitakaramitamidori-thumb-1000xauto-16313.jpg

腰が痛い、重い、だるい、坐骨神経痛(お尻、太もも、ふくらはぎ、足首などが痛い、しびれる)といった症状がある時に、整体、マッサージを受ける人が多いですが、だいたい症状のある、腰周りの筋肉を揉みほぐしたり、骨盤、腰椎(腰骨)を矯正する施術をすることが普通になっています。

もちろん、そのようなやり方で施術しても腰、お尻、脚の症状は楽になります。

でも、そのような施術のやり方では、持続性に欠けることが多く、2〜3日で戻ってしまうことも少なくありません。

そのように持続性に欠けるのは、症状のある腰、お尻、脚の部分には、原因がないことが少なくないからです。

腰痛の症状はほとんどの場合は、消化器系、泌尿器系、婦人科系などの内臓の影響を受けて起きてているのです。

ですから、症状の戻りを少なくするには、内臓の調子が活性化するような施術をする必要があるのです。

当院での施術は、主に腕と脚にたいして調整をします。

腕と脚にたいして施術を行うと、経絡の流れが調整されます。

内臓は、経絡と関連がありますので、経絡の流れが良くなると内臓の働きも活性化され、その結果腰、お尻、脚のいろいろな症状が改善されるのです。


posted by バランス屋 at 19:05 | Comment(0) | 腰痛・坐骨神経痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする