腰椎椎間板ヘルニアでお困りの方へ

youtu.jpg

ヘルニアの症状


・腰の痛み、お尻の痛み
・太ももの裏、ふくらはぎ、足、指の痛み、しびれ
・痛みのため歩行が困難になる
・足に力が入らなくなる
・足が冷えやすくなる
などの症状が出ます。

ヘルニアと腰痛、足の痛み、しびれには関連はありません


椎間板ヘルニアとは、背骨の骨と骨の間にある椎間板が押しつぶされて飛び出した状態を指します。

背骨の腰の部分のヘルニアは、腰椎椎間板ヘルニア、首の部分のヘルニアは頚椎椎間板ヘルニアと言います。

西洋医学(病院)では、ヘルニアがあると脊髄神経を圧迫するために腰、足に痛み、しびれが出るという考え方です。

そして、その症状がひどい時に、飛び出した椎間板の除去して神経の圧迫を解放する手術が行われます。

ところが、ヘルニアの手術をしても、術後症状が改善したとしても再発したり、症状が改善しないケースが多いのです。

また、ヘルニアの状態がひどくなっているにもかかわらず、なんの症状もない人もいます。

逆に、ヘルニアになっていなくても激痛がある人もいます。

ですから、ヘルニアの有無と腰痛、足の痛み、しびれなどの症状は関連性がないのです。

当院の考え

当院では、腰などの痛み、しびれの原因は、内臓(消化器系、泌尿器系、生殖器系などの臓器)の影響によるものが多いのではないかと考えています。

特定の内臓の影響を受けて、その内臓に関連する筋肉が収縮(縮み)して痛み、しびれなどが発生します。

この現象は、内臓−体性反射と呼びます。

ヘルニアの対処法


病院での対処

・薬物療法(消炎鎮痛剤など)

・神経ブロック

・理学療法(牽引、)

・手術療法

当院での対処

他の整体院などでは、背骨などの骨格の矯正、筋肉の調整をするのが一般的です。

しかし、当院では、そういった施術は行いません。

と言うのは、骨格の矯正、筋肉の調整では症状の戻りが早く、2〜3日くらいしかもちません。

症状の戻りが早いのは、神経を刺激する方法で施術をしていからです。

巷にある整体、カイロプラクティック、マッサージ、ストレッチなどは、ほとんどが神経を刺激する方法です。

持続性のある施術をするには別の方法でする必要があります。

その方法は、東洋医学で言われる“気”という体の中を流れるエネルギーを調整する施術法です。

“気”の調整は、上に挙げた内臓にも作用しますので、慢性化した痛みなども変化が出やすく症状も改善しやすいのです。




可児市、犬山市、小牧市、各務原市付近で整体をお探しなら、斉藤施療院にお任せ下さい。
斉藤施療院
◆TEL.0574−65−4279
◆営業時間 9時〜12時 14時〜21時
◆休   日 水曜日
◆住   所 岐阜県可児市今496−7
posted by バランス屋 at 00:16 | Comment(0) | 腰椎椎間板ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする