喉(のど)の痛み・つまり・違和感の原因は?

sick_nodo.png

風邪を引いているわけでもないのに、のどの部分に痛み、つまり、違和感が出ることがあります。

のどの痛み・違和感の原因は?


考えられる原因として一般的には
・甲状腺の病気

・胃や食道の炎症が原因の胃腸障害

・気管支や扁桃腺の病気

などが考えられます。

しかし、これらの病気を疑って病院で検査してもらっても、なにも異常が見つからない場合もあります。


では、病院の検査で異常が見られないのに、のどの部分に症状が出るのはどうしてなのでしょうか?


それは、症状のある部分から離れた部位からの影響が考えられます。

首の前にある筋肉

・顎ニ腹筋 

・肩甲舌骨筋

・胸骨甲状筋

・輪状甲状筋

・茎突舌骨筋

・顎舌骨筋

上記の首の前にある筋肉は、特定の内臓器と関連があります。

その特定の内臓器の影響を受けて(内臓筋肉反射)、これらの筋肉が収縮することによって、痛みなどの症状を出すことがあります。

つまり筋肉痛によって、喉の痛み・つまり・違和感が出るわけですね。

喉の痛み・つまり・違和感の施術


上記したように、喉の症状は、首の前にある筋肉が特定の内臓器の影響を受けていますので、その内臓器の働きが正常に働くような施術をすれば良いわけです。

当院では、体の各臓器の働きが落ちているのは、東洋医学で言われている“気”の流れ(体を流れるエネルギー)の滞りが関係していると考えています。

ですから、当院では、“気”の流れの滞りを整えるような施術を行って、のどの症状に対応しております。



posted by バランス屋 at 00:54 | Comment(0) | のどの痛み、つまり、違和感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする