オスグット

kansetsutsuu_hiza.png

オスグットは、正式名はオスグット・シュラッター病といいます。
成長期の子供でスポーツをやっている子に症状が多いです。

症状と原因


膝のお皿の下の部分に痛みが出ます。そして、その部分の骨が出っ張っていることが多いです。

しかし、骨が出っ張っていても痛みがない人もいますので、骨の出っ張りは痛みとは関係ないと考えた方がよいかと思います。

病院では、成長痛と診断されることが多いです。

ただ、成長期を過ぎても痛みが続く人もいますので、成長痛と呼ぶのは無理があるでしょう。

痛みは、骨の問題ではなく筋肉の問題です。

スポーツをやっている人が多いので、使いすぎが原因だと言われること少なくないです。

当院の考え方
一般的には、筋肉の使いすぎが原因とされることが多いですが、私はそのようには考えておりません。

このオスグットと呼ばれる膝の症状は、大腿四頭筋と関連がある内臓器官からの影響(内臓体性反射)だと思ってます。

大腿四頭筋に関連のある内臓器官は、膀胱です。

膀胱からの反射によって、大腿四頭筋の緊張が強くなり、痛みが出ているわけです。

膀胱からの反射で痛みが出ているわけですから、膀胱の働きの状態によっては、痛みが強い時、弱い時、痛みがない時もあるでしょう。

おそらく一日中同じ痛みの強さではないはずです。

施術


一般的には、痛みのある筋肉のストレッチ、マッサージ、アイシングなどの施術が行われます。

でも、痛みのある筋肉には原因はありませんから、いくらそのような施術を行っても改善することはありません。

当院では、膝の痛みの原因である膀胱の働きが良くなっていくような施術を行います。

具体的には、主に腕と脚の調整を行います。

膀胱と腕・脚は直接関連性はありませんが、腕と脚の調整をすると全身の気の流れが良くなり、膀胱の働きも変わりますので、大腿四頭筋への影響が減り結果的に膝の症状も改善していきます。

この方法は、昔からある東洋医学の考え方を利用したものです。

東洋医学というと、鍼灸が一般的です。鍼灸は、本来気の流れを良くするものです。

当院では、鍼灸の代わりに手によって調整し、気の流れを整えてオスグットと言われている膝の痛みに対応しています。

posted by バランス屋 at 15:17 | Comment(0) | スポーツ障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喉の痛み・つまり・違和感の原因は?

sick_nodo.png

風邪を引いているわけでもないのに、のどの部分に痛み、つまり、違和感が出ることがあります。

のどの痛み・違和感の原因は?


考えられる原因として一般的には
・甲状腺の病気

・胃や食道の炎症が原因の胃腸障害

・気管支や扁桃腺の病気

などが考えられます。

しかし、これらの病気を疑って病院で検査してもらっても、なにも異常が見つからない場合もあります。


では、病院の検査で異常が見られないのに、のどの部分に症状が出るのはどうしてなのでしょうか?


それは、症状のある部分から離れた部位からの影響が考えられます。

首の前にある筋肉

・顎ニ腹筋 

・肩甲舌骨筋

・胸骨甲状筋

・輪状甲状筋

・茎突舌骨筋

・顎舌骨筋

上記の首の前にある筋肉は、特定の内臓器と関連があります。

その特定の内臓器の影響を受けて(内臓筋肉反射)、これらの筋肉が収縮することによって、痛みなどの症状を出すことがあります。

つまり筋肉痛によって、喉の痛み・つまり・違和感が出るわけですね。

喉の痛み・つまり・違和感の施術


上記したように、喉の症状は、首の前にある筋肉が特定の内臓器の影響を受けていますので、その内臓器の働きが正常に働くような施術をすれば良いわけです。

当院では、体の各臓器の働きが落ちているのは、東洋医学で言われている“気”の流れ(体を流れるエネルギー)の滞りが関係していると考えています。

ですから、当院では、“気”の流れの滞りを整えるような施術を行って、のどの症状に対応しております。



posted by バランス屋 at 00:54 | Comment(0) | のどの痛み、つまり、違和感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

整体施術はソフトなだけでは意味がありません

なにかあれば病院にかかられる方にとって、整体は背骨をボキボキ音をさせる荒療治をするイメージを持たれる方も多いと思います。

テレビのバラエティ番組のせいもあるかもしれません。

バラエティ番組は、インパクトのあることをしないと番組が盛り上がりませんので、ある意味しょうがないのかもしれません。

でも、実際に整体をやっている人間にとっては、あのような番組はやってほしくないのが正直な気持ちです。


ところで、あのような荒療治をやっているところは以前より減ってきています。

と言うのは、荒療治で健康被害が多いからです。

体の不調を良くしようと整体院に行ったのに、逆にさらに調子が悪くなったのでは意味がありません。

そのようなこともあって、逆に今はソフトなやり方の整体院が増えています。


ただソフトなやり方でも、整体で体の不調を良くすることは簡単ではありませんので、整体と称してマッサージもどきの施術をしているところが多いです。

でも、そのような施術では、慢性的な症状は改善にはもっていけません。

いくらソフトな施術でもやり方を間違えれば、なにも変化がないか逆に症状を悪化させることあります。

そのくらい人の体を調整するのは難しいのです。

posted by バランス屋 at 15:48 | Comment(0) | 施術の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰椎椎間板ヘルニアでお困りの方へ

youtu.jpg

症状
・腰の痛み、お尻の痛み
・太ももの裏、ふくらはぎ、足、指の痛み、しびれ
・痛みのため歩行が困難になる
・足に力が入らなくなる
・足が冷えやすくなる
などがあります。

原因
腰、お尻、脚の後側などが痛み、しびれなどの症状が時に、整形外科で診察を受けて、MRI検査で椎間板の飛び出しが確認されると、椎間板ヘルニアと診断されること多いです。

で、その症状がひどい時に、椎間板の飛び出しに対する手術が行われます。

ところが、ヘルニアの手術をしても、術後症状が改善したとしても再発したり、症状が改善しないケースが多いのです。

ですから、欧米では椎間板ヘルニアの手術を行われることは少ないようです。

そのかわり、欧米では日本に比べて代替医療の普及率が高いため、ヘルニアに対して保存療法で対処する割合が多いようです。

腰、お尻、脚の痛み、しびれは内臓が関連することが多い
私は、腰、お尻、脚の痛み、しびれの原因は、内臓(消化器系、泌尿器系、生殖器系などの臓器)の影響によるものが多いのではないかと考えています。

特定の内臓の影響を受けて、その内臓に関連する脚(ふくらはぎ、ふともも)、足にある筋肉が収縮(縮み)して、脚(ふくらはぎ、ふともも)の痛み、足の痛み、しびれなどが発生します。

この現象は、内臓−体性反射と呼びます。

当院の施術方法
他の整体院などでは、症状が出ている、腰、脚、足に対して施術を行うことが多いようです。

しかし、当院では、そういった施術は行いません。

と言うのは、症状が出ている部分を施術した場合、症状の戻りが早く、2〜3日くらいしかもちません。

posted by バランス屋 at 00:16 | Comment(0) | 腰椎椎間板ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自然治癒力が働くといいますが・・・

hana23.jpg


どこか体の一部分を痛めた場合、痛めた時はしばらく痛みが続きます。

しかし、時間と共に痛みは引いていきます。

例えば、足首を捻挫した場合、捻挫の程度によりますが

普通は長くても2〜3週間でほとんど痛みが治まり

普通に歩けるようになります。

こういった現象は、たいがい自然治癒力が働いて症状が治まったと説明されます。

怪我、病気をするとだんだん体が歪んでいく


しかし、足首を捻挫したところが何かの拍子で再び痛み出すことがあります。

と言うことは、足首の捻挫した部位の組織は完全に修復されてないということになります。


足首を捻挫してから時間の経過と共に痛みが治まったのは

痛みから逃れるために体を歪ませたためだと考えられます。

体を歪ませることによって、痛みのある部位の組織の

緊張が緩和されて痛みが治まったわけです。


年取った人でかなり姿勢が悪くなっている人がいます。

そういう人は、体のいろいろな部位をケガをして痛めたり病気などをしたりした結果、

姿勢が悪くなったわけです。

体を歪めて姿勢を悪くすることによって、

それまで痛めたところの症状を出にくくしているわけです。


でも、体を歪めた姿勢をしているのにも限度があります。

あまり体を歪めた姿勢では、体を動かしたり歩いたりするのに不便です。

ですから、歩く時などに歩きやすい真直ぐな姿勢で歩きますので

どうしても痛みが出やすくなります。


整体の施術は、真直ぐな姿勢で歩いても痛みが出にくいようにするために

筋膜、筋肉などの緊張を和らげるような調整を行い

体を動かしても症状が出にくくすることを目指します。
posted by バランス屋 at 02:29 | Comment(0) | 歪みと症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野球肩

yakyuu.jpg

肩関節は、体の中で一番動く範囲が大きいため、その分関節を支えている筋肉、靭帯などの組織に負担がかかりやすく、故障も多いと言われています。

症状と原因


症状
痛みが出る場所
肩の前、横、後の3ヶ所が多いです。

原因
一般的には
・滑液包炎

・棘上筋腱炎

・上腕二頭筋腱炎

・インピンジメント症候群

・上腕骨骨端線障害(リトルリーグ肩)

などが野球肩の原因だと言われています。

当院の考え方
しかし、当院では上記したようなことが原因ではなく、肩にある筋肉が内臓器官の影響(内臓筋肉反射)を受けて、肩の痛みが発生していると考えます。

肩にある主な筋肉と内臓器官の関連

・上腕二頭筋−尿管

・棘上筋−気管支

・棘下筋−大腸

・三角筋−小腸(回腸)

・小円筋−胃

・肩甲下筋−腎臓

上のように肩にある主な筋肉と内臓器官の関連を書きましたが、例えば上腕二頭筋に痛みが出ていれば、その原因は尿管からの影響で上腕二頭筋の緊張が強くなり、肩を繰り返し動かすと痛みが出てくる可能性があります。

施術


一般的には、マッサージ、ストレッチ、電気治療、アイシングなどの方法で、症状が出ている肩にたいして施術をすることが多いでしょう。

その方法で施術をしても、おそらく改善するのは難しいでしょう。

と言うのは、肩の症状の原因である内臓器官にたいして施術をしていないからです。

やはり、原因に対して施術することが野球肩の症状改善には必要でしょう。

当院では、主に腕と脚に対して調整を行うことによって、原因である内臓器官に働きかけて、野球肩に対応しています。

posted by バランス屋 at 18:48 | Comment(0) | スポーツ障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰部脊柱管狭窄症

youtu.jpg


腰部脊柱管狭窄症とは、脊髄神経の通り道が、椎骨・椎間板の変性により径が狭くなり神経が圧迫され、腰痛、足の痛み、しびれ、間歇跛行(かんけつはこう)などの症状が起きることを指します。

脊柱管狭窄症になっていても症状とは関係ありません


しかし、神経が圧迫されていたとしても、症状とはなんの関連性もありません。

MRI画像を見ると狭窄症になっていて、神経が圧迫されていてもなんの症状もない人がいます。

逆にMRI画像ではなんの異常がない人でも、腰痛、足の痛み、しびれなどがひどい人がいます。

MRI画像などの目に見える異常だけで症状の原因を特定するのは難しいのです。

腰痛、足の痛み、しびれは筋肉などの問題です


では何が原因で症状が出ているのでしょうか?

それは、筋肉、筋膜などの軟部組織です。

軟部組織の緊張が強くなることによって症状が出ているのです。

現に、症状のある部分をマッサージ、鍼でほぐしたり温めたりすると症状が軽くなることがありますから。

ただし、軟部組織の緊張が強くなることは2次的原因ですから、一次的原因に対処しないと症状は改善しにくいのです。

一次的原因は、内臓からの影響です。

内臓からの影響で筋肉などの軟部組織の緊張が強くなって、腰痛、足の痛み、しびれなどの症状が起きているわけです。

これは、内臓筋肉反射と言います。

一般的には筋肉、筋膜などの軟部組織の緊張を和らげるために、マッサージ、鍼などで施術します。

しかし、上記したように一次的原因は、内臓からの影響ですので、症状が出ている部分を施術しても、それは対症療法ですので症状が改善されることは難しいです。

当院では、東洋医学で言われる“気”の流れの滞りを整える施術を行うことによって内臓にアプローチし、腰痛、足の痛み、しびれなどを調整しています。



posted by バランス屋 at 18:04 | Comment(0) | 腰痛・坐骨神経痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好転反応3

hapa15.jpg


私事で恐縮なのですが、最近左手の親指の第一関節(IP関節)の部分が痛みます。

最近指を使いすぎるようなことをした記憶がありませんが、なぜか急に痛み始めました。


と、考えてみると、20年ほど前この仕事を始めた頃に

すごく痛かったことを思い出しました。


その頃は、親指を使いすぎるような施術をしていました。

1年くらい親指が痛かったのですが、施術方法を変えたために痛みは治まりました。


しかし、最近痛み始めたということは、実は治っていなかったわけです。

ただ、痛みが治まっただけのようです。


痛みが治まったのは、親指に力を入れずに施術するようになったのが大きいと思いますが

それだけが原因ではないと考えます。

痛みから逃れるために、体を歪ませたために痛みが治まったと思われます。


では、なぜまた20年ぶりに痛くなったかを考えてみました。

私は、自分で自分の体を調整しますが、痛めた親指の部分が

しっかり治っていなかったのが、修復されてきて

好転反応により痛みが出始めたのでしょう。


施術に来られる人の中にも、昔痛めたところが再び痛み始めるということがあります。

でも、痛めたところの修復が終われば、痛みは治まります。

posted by バランス屋 at 23:34 | Comment(0) | 好転反応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歯並びと体の歪み

hana4.jpg


施術に来られる人の中で、時々歯列矯正中だという方がみえます。

しかし、歯列矯正を行っても、時間が経つと戻ることが多いです。


と言うのは、歯並びも体の他の骨と同じように、歯だけの問題ではなく

体全体の筋肉のバランスが関係していますので

体全体の筋肉のバランスを調整して初めて歯並びも変わります。

ですから、歯並びが悪いということは、体も歪んでいるということなのです。

一部分だけ歪むということはありえません。

歯科医の先生の中にもその辺のことにご理解のある方は、そのことをご存知のようです。


しかし、ほとんどの歯科医の先生は、歯は歯、体は体という考えの人が多いようです。

ですから、歯列矯正を行う時には、歯だけをいろいろ調整します。

でも、歯だけをいろいろ調整しても、体の他の部分がそのままでは

元の状態に戻ろうとします。

そのようにならないように、歯科医の先生は抜歯をします。

しかし、むやみに歯を抜くのは体にとって良くありません。

体に影響が出て、いろいろな症状に悩まされる人も多いようです。


見栄えを気にされて、歯並びを矯正される人が多いです。

ですが、上記したようなリスクがあることを頭に入れて置かれたほうが良いと思います。


こちらもご参考までに

http://ww2.wt.tiki.ne.jp/~email/index.html


posted by バランス屋 at 00:09 | Comment(0) | 歪みと症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

骨盤矯正と恥骨痛

b8a1929e0e2aefd63fa0e2e7f66e6877_s.jpg

恥骨の痛みは、妊娠中、産後によく起こりますが、スポーツ(サッカー、陸上など)をしている人にも起こります。

原因


骨盤の歪みがあると、腰痛、恥骨の痛みなどの症状が出ると言われています。

ですが、骨盤が歪んでいるだけでは、症状は出ません。

妊娠、スポーツなどで、恥骨の周りの組織(筋肉、靭帯など)に負担がかかるようなことがあると、痛みが出ます。


スポーツでも、サッカー、空手、クラッシックバレエなど脚を大きく上げる種目は、恥骨の痛みが起きやすいです。

脚を大きく上げると、恥骨に付着している内転筋(長内転筋・短内転筋・小内転筋・薄 筋・恥骨筋など)が引っぱられて痛みが出るわけです。

妊婦さんの場合は、お腹が大きくなるにつれて、痛くなることが多いのですが、お腹が大きくなっていなくても、痛くなることもあります。

また、一人目の出産では腰痛も恥骨痛もなくて、二人目の出産では腰痛、恥骨痛がひどいということもあります。

その逆の場合もあります。

この違いはなんなのでしょうか?

この違いが出るのは、内臓からの影響だと思います。

全身の筋肉は、内臓と関連があり、内臓の働きによって筋肉に影響が出て、痛みにつながっていると思います。

ですから、腰痛、恥骨痛の症状が出る時は、内臓の働きが落ちていると考えるとつじつまが合うと思います。

施術


単に物理的に骨盤を矯正するだけでは、恥骨痛は改善しません。

上記したように、全身の筋肉は内臓の影響を受けて、痛みにつながっています。

ですから、内臓の働きが向上するような骨盤の矯正をする必要があります。

当院では、主に腕と脚を調整し、内臓の働きが高まるような施術をして、恥骨の痛みに対応しています。

posted by バランス屋 at 20:47 | Comment(0) | 骨盤矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする