鵞足炎(膝の内側の痛み)

soccer.jpg

鵞足炎(がそくえん)とちょっと変わった名前が付いています。

鵞足とは、縫工筋(ほうこうきん)、薄筋(はくきん)、半腱様筋(はんけんようきん)の3つの筋肉の腱が、膝の下の骨にくっつきます(脛骨粗面)が、この3つの腱がくっつく部分が、がちょうの足に似ていることから、鵞足という名前が付きました。

症状と原因


症状
痛みが出る場所:膝の内側

痛みが出たり、腫れることもあります。

初めは、膝を動かした時に痛みが出るだけですが、症状が進行していくと、じっとしていても痛くなり、日常生活に影響するようになります。

原因
一般的には
・使いすぎ(サッカー、ランニング、水泳などのスポーツ)

・日常の癖(足を組んだり、内股になりやすいなど)

などが原因と言われています。

当院の考え方
全身にある筋肉は、それぞれ特定の内臓器官と関連があり、内臓器官の影響(内臓筋肉反射)を受ける可能性があります。

同じように縫工筋(ほうこうきん)、薄筋(はくきん)、半腱様筋(はんけんようきん)の3つの筋肉も内臓器官の影響を受けて、緊張が強くなり痛みにつながります。

ですから、筋肉の使いすぎ、日常の生活の癖の影響というよりも、筋肉が内臓器官の影響で痛みが出ている可能性のほうが大きいと思います。

内臓器官と筋肉の関連

・縫工筋−大腸

・薄筋−生殖器系(精巣、卵巣)

・半腱様筋−小腸(回腸)

施術


原因の所で書いたように、膝の内側の痛みは、内臓からの影響で出ていますので、内臓に関係のあるツボを調整するか、全身の気の流れの乱れを整えるような施術をすると、改善していきます。

当院では、主に腕と脚を調整して、全身の気の流れの乱れを整えることによって、鵞足炎に対応しています。

posted by バランス屋 at 02:30 | Comment(0) | スポーツ障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肘の痛み(野球肘、テニス肘、ゴルフ肘)

kansetsutsuu_hiji.png

肘の痛みと言うと、テニス肘、野球肘、ゴルフ肘という名前が知られています。

テニス、野球、ゴルフなどのスポーツをする人以外にも、歯科医、大工、家事、農作業など肘に負担がかかるような作業をする人に多いようです。

症状と原因


症状
痛みが出る部位は、肘の外側、肘の内側、肘の後側といろいろです。

肘の外側の痛みは、上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)、肘の外側の痛みは、上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)とも呼ばれます。

原因
肘に痛みが出る原因としては

外傷

使いすぎ

内臓からの影響

などが言われています。

当院の考え


骨折などの外傷を除きますが、野球、テニス、ゴルフ、肘に負担がかかる作業をする人は、使いすぎによるものだと言われています。

しかし、肘の痛みのほとんどは内臓からの影響(内臓筋肉反射)によるものだと考えています。

肘の筋肉と内臓の関係
肘の外側にある筋肉
・長橈側手根伸筋−膀胱

・短橈側手根伸筋−気管支

・総指伸筋−小腸(回腸)

肘の内側にある筋肉
・尺側手根屈筋−小腸(空腸)

・長掌筋−腎臓

・浅指屈筋−大腸

・橈側手根屈筋−心臓

・円回内筋−大腸

上記のように、肘にある筋肉はそれぞれいろいろな内臓器官と関連があり、内臓器官からの影響により緊張が強くなり痛みが出ます。

施術


一般的には、痛みのある部位の筋肉に対するマッサージ、テーピング、アイシング、電気治療、超音波療法、レーザー治療、湿布、薬物療法、サポーターなどがあります。

基本的に、痛みがある部分に対する治療は、対症療法ですので一時的に痛みが軽くなることはあっても、持続性がないのでなかなか症状は改善しにくいです。

上記したように、内臓からの影響で肘の痛みが出ていますので、影響を与えている内臓器官の働きを良くするような施術が必要です。

例えば、肘の外側の長橈側手根伸筋の部分が痛ければ、膀胱が影響していますので、膀胱の機能を高める施術をすれば、肘の痛みは改善します。

当院では主に腕と脚を施術することによって、内蔵機能が高まるように調整します。

posted by バランス屋 at 23:26 | Comment(0) | スポーツ障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンスプリント(すねの痛み)

run.jpg

シンスプリントは、陸上競技をやっている人、ランニング、ダッシュなどの練習をやっている人によく症状が出やすいと言われています。

その他にはエアロビクスをやっている人も多いようです。

症状と原因


症状
すねの内側の中1/3から下1/3にかけての筋肉の付着部、骨膜の部分に痛みが出ることが多いです。

原因
一般的には、すねの骨とその周りの筋肉がこすれて摩擦をして痛みが出たり、スネの奥にある筋肉同士がこすれて炎症して痛むと言われています。

でも、私は違う理由で痛みが出ていると思います。
痛み出る筋肉と関連のある内臓からの影響で痛みが出ています。

下腿(かたい)の筋肉と内臓の関係

・長趾屈筋−気管支

・後脛骨筋−膀胱

・長母趾屈筋−心臓

・前脛骨筋−肺

・ヒラメ筋−尿管

上記のように、下腿(かたい)の筋肉は、いろいろな内臓器と関連があり、働きが悪くなると、下腿の筋肉は影響を受けて(内臓筋肉反射)痛み、しびれなどの症状が出ます。

内臓筋肉反射が起きるのは、下腿の筋肉だけではありません。

全身の筋肉はすべて、特定の内臓器官と関連があります。

そして、内臓筋肉反射は、東洋医学の気の流れという考え方です。

施術


東洋医学の気の流れと言うと、ツボをいろいろと刺激して、症状を改善するというイメージがあると思います。

ツボに鍼を打つというのがそうですね。

でも、ツボに対して直接刺激をしなくても、気の流れを整えることはできます。

当院では、主に腕と脚を調整することによって、気の流れを整えて、シンスプリントに対応しています。

posted by バランス屋 at 21:51 | Comment(0) | スポーツ障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャンパー膝(膝蓋靱帯炎)

 volleyball.jpg

ジャンパー膝、別名膝蓋靱帯炎(しつがいじんたいえん)とは、バレーボール、バスケットボールなどでジャンプの動作をしたり、サッカーのボールを蹴る動作、ダッシュなどの動作を頻繁にするスポーツによくみられる、膝に起こるスポーツ障害です。

症状と原因


症状
膝のお皿の上下と、大腿四頭筋の腱が脛骨(けいこつ)に付着する部位に、痛みが出ます。

特に、お皿の下の部分が痛くなるのが大半です。

原因
一般的には、ジャンプ、ランニングを繰り返すことによって、大腿四頭筋の骨・腱に移行する部分に細かな損傷が起きて、痛み・動作の支障の原因となり、その要因として大腿四頭筋の柔軟性の低下と筋力の低下が言われています。

当院の考え方
腱の部分に細かい損傷が起きるのは、筋力の柔軟性、低下だと言われていますが、本当は筋肉の緊張が原因です。

筋肉が緊張するのは、大腿四頭筋に関連する内臓器官(膀胱)の影響によるものです。

膀胱からの影響(内臓筋肉反射)によって、大腿四頭筋が過緊張し、繰り返し筋肉を伸縮を続けたため、腱の部分が損傷し痛みが出ます。

施術


ジャンパー膝に対する処置は、一般的にストレッチ、運動療法、テーピングなどが行われます。

でも、そのような方法では症状の改善は難しくなります。

仮に改善したとしても、かなりの時間を要します。

当院の施術
早期に症状を改善させるためには、原因である膀胱からの影響を減らすような、施術が必要です。

当院では、ストレッチ、運動療法、テーピングなどの方法は行わず、主に腕と脚に対する調整を行って、ジャンパー膝に対応しています。
posted by バランス屋 at 23:20 | Comment(0) | スポーツ障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランナー膝(腸脛靭帯炎)

runner.jpg

ランナー膝、別名腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)は、マラソンなどの長距離ランナー、バスケットボール、水泳、自転車、エアロビクス、バレエなどをやっている人がよくなると言われています。

症状


脚の外側の膝に近い部分(腸脛靱帯)に痛みが出ます。

原因と施術


原因

ランナー膝は、一般的には大腿筋膜張筋のオーバーユース(使いすぎ)が原因だと言われています。

確かにオーバーユースも症状が出る要因にはなるかもしれませんが、むしろ内臓からの影響のほうが大きいと思います。

大腿筋膜張筋は、尿管(泌尿器系)からの影響を受けて緊張が強くなります。

そして、筋肉の使いすぎの結果、腸脛靱帯の膝に近い部分に痛みが出ます。

内臓から影響で痛みが出るというのは、東洋医学的な考え方です。

大腿筋膜張筋に痛みが出る流れ

気の滞り→尿管→大腿筋膜張筋(使いすぎ)→痛み

気の滞りというのは、気の通り道である経絡上で渋滞が起きている状態を指します。

もっと簡単に言うと、尿管に関係のあるツボの部分の緊張が強くなっているわけです。

施術

ですから、そのような場合、鍼灸師の人だったら、そのツボに鍼を刺し緊張を和らげて、尿管に対する影響を減らします。

その結果、大腿筋膜張筋の緊張も減り痛みが和らぎます。


一般的には、筋肉のストレッチ、アイシング、消炎鎮痛剤の投与、超音波などの物理療法などが行われます。

このような方法では、はっきり言って施術としては対症療法的ですので、一時的に症状が軽くなる程度でほとんど効果は望めないでしょう。

上記したように、内臓からの影響を受けて大腿筋膜張筋に痛みが出ているわけですから、それに対する処置が必要です。

私は鍼灸師ではありませんので、鍼による施術はしません。

当院では、主に腕と脚を調整することによって、気の滞りが解消されるように施術し、し、ランナー膝の症状に対応しています。

posted by バランス屋 at 04:06 | Comment(0) | スポーツ障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オスグッド

kansetsutsuu_hiza.png

オスグッドは、正式名はオスグッド・シュラッター病といいます。
成長期の子供でスポーツをやっている子に症状が多いです。

症状と原因


膝のお皿の下の部分に痛みが出ます。そして、その部分の骨が出っ張っていることが多いです。

しかし、骨が出っ張っていても痛みがない人もいますので、骨の出っ張りは痛みとは関係ないと考えた方がよいかと思います。

病院では、成長痛と診断されることが多いです。

ただ、成長期を過ぎても痛みが続く人もいますので、成長痛と呼ぶのは無理があるでしょう。

痛みは、骨の問題ではなく筋肉の問題です。

スポーツをやっている人が多いので、使いすぎが原因だと言われること少なくないです。

当院の考え方
一般的には、筋肉の使いすぎが原因とされることが多いですが、私はそのようには考えておりません。

このオスグッドと呼ばれる膝の症状は、大腿四頭筋と関連がある内臓器官からの影響(内臓体性反射)だと思ってます。

大腿四頭筋に関連のある内臓器官は、膀胱です。

膀胱からの反射によって、大腿四頭筋の緊張が強くなり、痛みが出ているわけです。

膀胱からの反射で痛みが出ているわけですから、膀胱の働きの状態によっては、痛みが強い時、弱い時、痛みがない時もあるでしょう。

おそらく一日中同じ痛みの強さではないはずです。

施術


一般的には、痛みのある筋肉のストレッチ、マッサージ、アイシングなどの施術が行われます。

でも、痛みのある筋肉には原因はありませんから、いくらそのような施術を行っても改善することはありません。

当院では、膝の痛みの原因である膀胱の働きが良くなっていくような施術を行います。

具体的には、主に腕と脚の調整を行います。

膀胱と腕・脚は直接関連性はありませんが、腕と脚の調整をすると全身の気の流れが良くなり、膀胱の働きも変わりますので、大腿四頭筋への影響が減り結果的に膝の症状も改善していきます。

この方法は、昔からある東洋医学の考え方を利用したものです。

東洋医学というと、鍼灸が一般的です。鍼灸は、本来気の流れを良くするものです。

当院では、鍼灸の代わりに手によって調整し、気の流れを整えてオスグッドと言われている膝の痛みに対応しています。

posted by バランス屋 at 15:17 | Comment(0) | スポーツ障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喉(のど)の痛み・つまり・違和感の原因は?

sick_nodo.png

風邪を引いているわけでもないのに、のどの部分に痛み、つまり、違和感が出ることがあります。

のどの痛み・違和感の原因は?


考えられる原因として一般的には
・甲状腺の病気

・胃や食道の炎症が原因の胃腸障害

・気管支や扁桃腺の病気

などが考えられます。

しかし、これらの病気を疑って病院で検査してもらっても、なにも異常が見つからない場合もあります。


では、病院の検査で異常が見られないのに、のどの部分に症状が出るのはどうしてなのでしょうか?


それは、症状のある部分から離れた部位からの影響が考えられます。

首の前にある筋肉

・顎ニ腹筋 

・肩甲舌骨筋

・胸骨甲状筋

・輪状甲状筋

・茎突舌骨筋

・顎舌骨筋

上記の首の前にある筋肉は、特定の内臓器と関連があります。

その特定の内臓器の影響を受けて(内臓筋肉反射)、これらの筋肉が収縮することによって、痛みなどの症状を出すことがあります。

つまり筋肉痛によって、喉の痛み・つまり・違和感が出るわけですね。

喉の痛み・つまり・違和感の施術


上記したように、喉の症状は、首の前にある筋肉が特定の内臓器の影響を受けていますので、その内臓器の働きが正常に働くような施術をすれば良いわけです。

当院では、体の各臓器の働きが落ちているのは、東洋医学で言われている“気”の流れ(体を流れるエネルギー)の滞りが関係していると考えています。

ですから、当院では、“気”の流れの滞りを整えるような施術を行って、のどの症状に対応しております。



posted by バランス屋 at 00:54 | Comment(0) | のどの痛み、つまり、違和感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰椎椎間板ヘルニアでお困りの方へ

youtu.jpg

症状
・腰の痛み、お尻の痛み
・太ももの裏、ふくらはぎ、足、指の痛み、しびれ
・痛みのため歩行が困難になる
・足に力が入らなくなる
・足が冷えやすくなる
などがあります。

原因
腰、お尻、脚の後側などが痛み、しびれなどの症状が時に、整形外科で診察を受けて、MRI検査で椎間板の飛び出しが確認されると、腰椎椎間板ヘルニア(ようついつかんばんヘルニア)と診断されること多いです。

で、その症状がひどい時に、椎間板の飛び出しに対する手術が行われます。

ところが、ヘルニアの手術をしても、術後症状が改善したとしても再発したり、症状が改善しないケースが多いのです。

ですから、欧米では椎間板ヘルニアの手術を行われることは少ないようです。

そのかわり、欧米では日本に比べて代替医療の普及率が高いため、ヘルニアに対して保存療法で対処する割合が多いようです。

腰、お尻、脚の痛み、しびれは内臓が関連することが多い
私は、腰、お尻、脚の痛み、しびれの原因は、内臓(消化器系、泌尿器系、生殖器系などの臓器)の影響によるものが多いのではないかと考えています。

特定の内臓の影響を受けて、その内臓に関連する脚(ふくらはぎ、ふともも)、足にある筋肉が収縮(縮み)して、脚(ふくらはぎ、ふともも)の痛み、足の痛み、しびれなどが発生します。

この現象は、内臓−体性反射と呼びます。

当院の施術方法
他の整体院などでは、症状が出ている、腰、脚、足に対して施術を行うことが多いようです。

しかし、当院では、そういった施術は行いません。

と言うのは、症状が出ている部分を施術した場合、症状の戻りが早く、2〜3日くらいしかもちません。

posted by バランス屋 at 00:16 | Comment(0) | 腰椎椎間板ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野球肩

yakyuu.jpg

肩関節は、体の中で一番動く範囲が大きいため、その分関節を支えている筋肉、靭帯などの組織に負担がかかりやすく、故障も多いと言われています。

症状と原因


症状
痛みが出る場所
肩の前、横、後の3ヶ所が多いです。

原因
一般的には
・滑液包炎

・棘上筋腱炎

・上腕二頭筋腱炎

・インピンジメント症候群

・上腕骨骨端線障害(リトルリーグ肩)

などが野球肩の原因だと言われています。

当院の考え方
しかし、当院では上記したようなことが原因ではなく、肩にある筋肉が内臓器官の影響(内臓筋肉反射)を受けて、肩の痛みが発生していると考えます。

肩にある主な筋肉と内臓器官の関連

・上腕二頭筋−尿管

・棘上筋−気管支

・棘下筋−大腸

・三角筋−小腸(回腸)

・小円筋−胃

・肩甲下筋−腎臓

上のように肩にある主な筋肉と内臓器官の関連を書きましたが、例えば上腕二頭筋に痛みが出ていれば、その原因は尿管からの影響で上腕二頭筋の緊張が強くなり、肩を繰り返し動かすと痛みが出てくる可能性があります。

施術


一般的には、マッサージ、ストレッチ、電気治療、アイシングなどの方法で、症状が出ている肩にたいして施術をすることが多いでしょう。

その方法で施術をしても、おそらく改善するのは難しいでしょう。

と言うのは、肩の症状の原因である内臓器官にたいして施術をしていないからです。

やはり、原因に対して施術することが野球肩の症状改善には必要でしょう。

当院では、主に腕と脚に対して調整を行うことによって、原因である内臓器官に働きかけて、野球肩に対応しています。

posted by バランス屋 at 18:48 | Comment(0) | スポーツ障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

骨盤矯正と恥骨痛(ちこつつう)

b8a1929e0e2aefd63fa0e2e7f66e6877_s.jpg

恥骨の痛みは、妊娠中、産後によく起こりますが、スポーツ(サッカー、陸上など)をしている人にも起こります。

原因


骨盤の歪みがあると、腰痛、恥骨の痛みなどの症状が出ると言われています。

ですが、骨盤が歪んでいるだけでは、症状は出ません。

妊娠、スポーツなどで、恥骨の周りの組織(筋肉、靭帯など)に負担がかかるようなことがあると、痛みが出ます。


スポーツでも、サッカー、空手、クラッシックバレエなど脚を大きく上げる種目は、恥骨の痛みが起きやすいです。

脚を大きく上げると、恥骨に付着している内転筋(長内転筋・短内転筋・小内転筋・薄 筋・恥骨筋など)が引っぱられて痛みが出るわけです。

妊婦さんの場合は、お腹が大きくなるにつれて、痛くなることが多いのですが、お腹が大きくなっていなくても、痛くなることもあります。

また、一人目の出産では腰痛も恥骨痛もなくて、二人目の出産では腰痛、恥骨痛がひどいということもあります。

その逆の場合もあります。

この違いはなんなのでしょうか?

この違いが出るのは、内臓からの影響だと思います。

全身の筋肉は、内臓と関連があり、内臓の働きによって筋肉に影響が出て、痛みにつながっていると思います。

ですから、腰痛、恥骨痛の症状が出る時は、内臓の働きが落ちていると考えるとつじつまが合うと思います。

施術


単に物理的に骨盤を矯正するだけでは、恥骨痛は改善しません。

上記したように、全身の筋肉は内臓の影響を受けて、痛みにつながっています。

ですから、内臓の働きが向上するような骨盤の矯正をする必要があります。

当院では、主に腕と脚を調整し、内臓の働きが高まるような施術をして、恥骨の痛みに対応しています。

posted by バランス屋 at 20:47 | Comment(0) | 骨盤矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする